About invisalignインビザラインとは

インビザラインとは

インビザライン

従来のワイヤー矯正とは全く異なる、マウスピース型の矯正装置です。
透明なマウスピースは非常に審美的で、見た目を気にすることなく矯正治療を進めることができます。

マウスピース矯正はアライナーを装着して歯を少しずつ動かします。2週間ごとにアライナーを交換することで徐々に歯並びが整っていきます。
1枚目(開始時)
1枚目(開始時)
7枚目(13-14週)
7枚目(13-14週)
14枚目(27-28週)
14枚目(27-28週)
21枚目(終了時)
21枚目(終了時)

インビザラインの症例の限界

すべての症例(歯並び)に適しているわけではありません。難しいケースでは対応できない場合もございます。
(治療可能かどうかはドクターが診断いたします)
重度の叢生(乱ぐい歯)
重度の叢生(乱ぐい歯)
過蓋咬合(深い噛み合わせ)
過蓋咬合(深い噛み合わせ)
開咬(オープンバイト)
開咬(オープンバイト)
反対咬合(受け口)
反対咬合(受け口)

インビザラインの特徴

インビザラインの注意点

アライナー(マウスピース)の着脱は患者様自身での管理となるため、
定められた装着時間、正しい装着方法を守っていただくことが重要です。

注意点1:装着時間

アライナーの装着は、1日22時間以上を守っていただきます。原則、お食事や着色しやすい飲み物を飲まれるとき以外は装用となります。
下記の場合、歯は移動せず治療効果が得られません。逆に、治療全体が長引くことになります。

装用時間が守られない
装用時間が
守られない
マウスピースの装着が不十分
マウスピースの
装着が不十分

注意点2:チューウィの使用・不使用

インビザライン治療では、「しっかり」装着することがとても大切です。装着時には必ず「チューウィー」を使用して(咬んで)ください。

チューウィー
チューウィー

シミュレーション

シミュレーション
シミュレーション

チューウィーを使用しないとシミュレーションと異なる動きをします

注意点3:追加のアライナー

治療途中でマウスピースが合わなくなったら再度型どりをし、新しくマウスピースを製造しなおします。
マウスピースの再発注は、最初のマウスピース出荷日から5年以内は無償です。

以下のような場合においては、5年以内であっても追加アライナーの費用負担(1~3万円)が発生します。

インビザライン

Contentsインビザライン治療

Contact無料相談予約・お問い合わせ

無料相談予約
無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら
お問い合わせ
医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら
医院直通電話
お電話でのご予約も
受付けております