Cases治療症例

前歯のガタガタを治したい インビザラインでの治療

患者様
30代女性
来院動機
上下の前歯のでこぼこ、特に左側のクロスバイト(交叉咬合)の改善を希望され来院されました。
装置
マウスピース(インビザライン)
治療期間
1年6ヶ月
概算治療費
80万円
担当医
奥村

(銀座しらゆり矯正歯科 院長)

治療計画

下の前歯に中等度の叢生があり、機能的にも歯に負担がかかっている状態でした。
目立たない装置での治療を希望されたため、抜歯以外の方法でスペースを作ることによって、歯並び及び噛み合わせの改善を計画しました。

治療後について

インビザラインを使用することでワイヤー矯正治療であるような、お痛みなどを伴うことなく、患者様も楽しみながら矯正治療を行うことができ満足されました。

  1. 治療前
  2. 治療後

マウスピース矯正について

・透明に近いマウスピース型の矯正装置のため、目立ちません
・ワイヤー矯正に比べて、通院回数が少なくすみます
・差し歯でも治療可能です
・矯正装置を簡単に外せるため「歯磨きがしやすく」「食事もとりやすい」
・歯周病やむし歯にもなりにくい

マウスピース矯正治療のリスク(デメリット)

・歯の状態によっては対応できない場合があります
・歯科医師による治療計画が大切です
・マウスピース型矯正装置の長時間装着
・患者様の意志が、治療計画通りに、治療期間短縮に重要です

当院のマウスピース矯正の特徴

・矯正治療費の総額を事前提示
・マウスピース矯正の豊富な治療実績
・矯正医が多数在籍