Cases治療症例

インビザラインによる前歯の凹凸の歯列矯正

患者様
20代女性
来院動機
下の前歯の凹凸(でこぼこ)を気にされて来院されました。
装置
マウスピース(インビザライン)
治療期間
1年6ヶ月
概算治療費
75万円
担当医
伊藤啓介
(インビザライン・ブラックダイヤモンド・プロバイダー)

治療計画

下の前歯の凹凸が部分については、内側に入っている歯を外側に出すという治療計画をご提示しました。
また、患者様が目立たない矯正装置をご希望であったため、マウスピース矯正をオススメしたところ、3D口腔内スキャナーで早く印象がとれ、治療過程の事前シミュレーションできるインビザラインによる治療を選択されたました。

治療後について

内側に入っている歯を外側に出すためのスペースが無いこともあり、少し治療期間もかかりましたが、気にされていた凹凸がなくなり、大変満足していただきました。
また、ほぼ透明のマウスピース矯正での治療であったため、あまり歯列矯正という治療をしている感覚がなかったと、治療法についても喜んでいただきました。

  1. 治療前
  2. 治療後

インビザラインの治療について

透明に近いマウスピース型の矯正装置のため、目立ちません。
3Dシミュレーションによって治療過程を事前確認できます。
ワイヤー矯正に比べて、インビザラインは通院回数が少なくすみます。
差し歯でも治療可能です。
矯正装置を簡単に外せるため「歯磨きがしやすく」「食事もとりやすい」。
歯周病やむし歯にもなりにくい。

インビザラインによる矯正治療のリスク(デメリット)

歯の状態によっては対応できない場合があります。
歯科医師による治療計画が大切です。
アライナー(矯正装置)を22時間 / 日以上の長時間装着を推奨しています。
治療計画通りに進めるために患者様の意志が重要です。

当院のインビザライン治療の特徴

矯正治療費の総額を事前提示しております。
インビザラインの豊富な治療実績があります。
インビザライン・ブラックダイヤモンド・プロバイダー(国内No.1ランク)を取得しています。
経験豊富な矯正医が在籍しています。