Cases治療症例

すきっ歯のマウスピース矯正 治療例

患者様
30代女性
来院動機
すきっ歯を治したいと希望され来院されました。
装置
マウスピース(インビザライン)
治療期間
1年6ヶ月
概算治療費
70万円
担当医
伊藤
(インビザライン・ブラックダイヤモンド・プロバイダー)

治療計画

仕事の関係で、ワイヤー装置をつけて矯正治療をすることができないため、透明で目立たない、取り外しのできるマウスピース矯正を行うと計画しました。

治療後について

矯正開始後4ヶ月経過したころには、前歯の隙間が狭くなり、1年半後の治療終了時には前歯の隙間が閉じ、全体のかみ合わせもしっかり合うようになりました。

  1. 治療前
  2. 治療後

マウスピース矯正について

透明に近いマウスピース型の矯正装置のため、目立ちません
ワイヤー矯正に比べて、通院回数が少なくすみます
差し歯でも治療可能です
矯正装置を簡単に外せるため「歯磨きがしやすく」「食事もとりやすい」
歯周病やむし歯にもなりにくい

マウスピース矯正治療のリスク(デメリット)

歯の状態によっては対応できない場合があります
歯科医師による治療計画が大切です
マウスピース型矯正装置の長時間装着
患者様の意志が、治療計画通りに、治療期間短縮に重要です

当院のマウスピース矯正の特徴

矯正治療費の総額を事前提示
マウスピース矯正の豊富な治療実績
矯正医が多数在籍