Comparisonマウスピース矯正と
ワイヤー矯正の違い

マウスピース矯正と
ワイヤー矯正の違い

マウスピース矯正とワイヤー矯正は装置の形状の違いだけでなく、様々な点において矯正方法が異なります。
見た目の違い、歯並びや口腔内の状況による治療の可否、生活する上での利便性など、マウスピース矯正とワイヤー矯正ではそれぞれにメリット・デメリットがございます。

見た目(装置)の違い

インビザライン

透明なので装置が目立たず、2週間ごとに新しいマウスピースに交換するので非常に清潔です

ワイヤー矯正

装置の交換はありませんが、ワイヤーが外れる可能性があり毎月の通院が必要です

マウスピース矯正とワイヤー矯正 比較表

インビザライン ワイヤー矯正
見た目(審美性) 非常に審美的 表の装置は目立つ
調整(来院)の頻度 2~3ヶ月に一度 毎月
通院中の診療時間 20~30分程度 60分前後
ブラッシングのしやすさ 非常にしやすい 非常にしづらい
虫歯や歯周病のリスク ほとんどない ブラッシングによっては高リスク
応急対応の頻度 ほとんどない ワイヤーの伸びだし装置脱離など
発音(しゃべりやすさ) 発音障害が若干ある 表側装置はほとんどない
裏側装置は発音障害がある
コンプライアンス しっかりと装着する必要がある
(1日22時間の着用)
着脱がないので関係なし
(顎間ゴムは重要)

Contentsインビザライン治療

Contact無料相談予約・お問い合わせ

無料相談予約
無料カウンセリングを
ご希望の方はこちら
お問い合わせ
医院へのお問い合わせ・
ご質問はこちら
医院直通電話
お電話でのご予約も
受付けております